2017.4.27
JRがAIで乗客をサポート!?JR東日本が問い合わせ受付に活用
2017.4.27

JRがAIで乗客をサポート!?JR東日本が問い合わせ受付に活用

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
音声や画像といった認識技術を介しつつ、人間と同じように知識や経験を蓄積し、自律的な判断や行動へとつなげることが期待される人工知能(AI)。すでにさまざまな分野での活用が進められていますが、JR東日本は4月25日、自社のお問い合わせセンターにAIを活用したシステムを導入すると発表しました。

このシステムは、日本IBMのAIプラットフォーム「IBM Watson」をベースに、利用者からの電話による問い合わせ内容をAIが自動的に判断するというもの。

時刻・運賃をはじめ、きっぷやSuica、各種イベントといった多岐にわたる問い合わせに対し、回答内容の候補や関連する資料を瞬時に画面表示。担当者をサポートするとともに、回答までの時間短縮といったサービス向上につなげるねらいです。

こうした試みは、世界の大手鉄道事業者の中で初めてとのことで、2017年度下期以降に順次導入される予定です。

【関連記事】
AI×ロボットで京都観光案内!NTT西日本が実証実験スタート
nova3

関連キーワード