2017.5.5
あの街どんな街?住んでいるひとからのリアルな情報が聞ける「Folook Town」
2017.5.5

あの街どんな街?住んでいるひとからのリアルな情報が聞ける「Folook Town」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
新年度がスタートしてひと月、進学や就職、転勤など新しい土地で暮らし始めたひとも生活に慣れてきて、住んでいる街になじんでくる時期です。ウェブサービス開発などを手がけるフォルックは5月1日、街のリアルな情報を知ることができるウェブサービス「Folook Town(フォルックタウン)」をリリースしたと発表しました。

同社が都内在住の20代~40代、856人の男女を対象にとったアンケートによると、「今住んでいる街についてどこまで知っていますか」という設問に対し、80%の回答者が「あまり知らない」「全然知らない」と回答。そのなかでも「ネットに載っている情報だと信頼できない」「ネットでは自分が本当に知りたい情報を探すことができない」との回答が目立ったとのこと。

Folook Townでは、今住んでいる街や引越し先の街、よく行く街などの飲食店や買い物スポット、交通の便、学校や病院などの公共施設、治安など、さまざまなカテゴリーで情報を得ることが可能です。

知りたい街と内容について投稿すると、実際に住んでいる“専門家”から「教えます!」というアクションがあります。そのアクションの中から教えてもらいたいと思う相手を選び、「直接会って教えてもらう」か「メッセージのやりとりで教えてもらう」かのどちらかを選びます。

現在住んでいる相手から情報を得るため、最新で正確な内容を得ることができるほか、質問投稿型のため、本当にほしい情報をリクセストすることが可能。また、プロフィルに自分の居住地を登録しておけば、教えてほしいという投稿が届くようになります。

現在はスマートフォンのウェブブラウザのみ対応で、PCブラウザやアプリは5月末に対応予定。また5月8日からは、新規登録ユーザーなどを対象にしたポイントキャンペーンを予定しています。

【関連記事】
マイホーム建築時の資料やデータをスマホを一括で確認 住宅情報管理サービス「knot」

詳細を見る

関連キーワード