2017.5.2
あの舞台を自宅で鑑賞 SHIBUYA TSUTAYAが「観劇三昧」とタッグで演劇作品レンタル開始 
2017.5.2

あの舞台を自宅で鑑賞 SHIBUYA TSUTAYAが「観劇三昧」とタッグで演劇作品レンタル開始 

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
レンタルビデオサービスのTSUTAYAなどを展開するTSUTAYAは5月2日、オンライン観劇サービス「観劇三昧」を運営するネクステージと協業で同3日から、SHIBUYA TSUTAYAで、演劇の映像作品のDVDやBlu-rayの期間限定のレンタルを始めると発表しました。

観劇三昧はウェブやスマートフォン、タブレットからオンラインで、登録されている200劇団622作品の演劇動画を視聴できるサービス。「演劇集団キャラメルボックス」などの老舗劇団や人気アニメやゲームを舞台化した“2.5次元舞台”なども配信されており、月額980円の利用料ですべての作品を視聴できるほか、無料の動画も用意されています。

レンタルの第一弾として提供する作品は、劇作家・演出家の柴幸男の作品を上演する「ままごと」の第54回岸田國士戯曲賞受賞作品『わが星』や、第9回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞を受賞した「時間堂」の『ゾーヤ・ペーリツのアパート』など24劇団、56タイトルの計267本。テレビなどの映像作品で活躍している俳優の出演作など、初めて演劇に触れるユーザーでも楽しめすような作品を中心に選出し、親しみやすいコメディーから子ども向け、ミュージカル要素の強いものや重厚な会話劇などラインナップも多彩で、今後も新たな作品を追加予定とのこと。

SHIBUYA TSUTAYAでは4Fレンタルフロア内に、特設コーナーを設置。実施時期は同日から2カ月間で、状況に応じて延長の可能性もあるそう。全国での導入も視野に入れており、今後はTSUTAYA DISCASでの宅配レンタルや店頭取り寄せへの対応なども検討しているとのこと。

ネクステージは昨年12月1日に行われたCCCグループ主催のベンチャー協業・支援プログラム第三期「T-VENTURE PROGRAM」最終審査会で観劇三昧がCCC賞を受賞。CCCグループとのサービス連携が決定しており、今回が協業の第一弾です。

・観劇三昧

  • App Storeダウンロード
  • Google playダウンロード
【関連記事】
居心地の良い空間の複合商業施設「柏の葉 T-SITE」がオープン

詳細を見る

関連キーワード