2017.5.8
スマモバ、ワイモバイル通信サービスを利用した新プラン「スマモバ(Y)」の提供を開始
2017.5.8

スマモバ、ワイモバイル通信サービスを利用した新プラン「スマモバ(Y)」の提供を開始

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
キャリアからMVNOに移動する際、困ることのひとつがメールアドレス。MVNO提供のSIMサービスでは、事業者独自のメールアドレスを用意しているということはほぼなく、Gmailなど自分で取得したフリーメールサービスを利用するしかありません。

そうしたなか、格安SIMサービス「スマモバ」を手がけるスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社は、月額100円で「スマモバメール」が利用できるサービスをおこなっています。また、ワイモバイルの通信サービスを受けた新プラン「スマモバ(Y)」の提供を始めました。

プランは高速データ通信量が1GBの「スマモバ(Y) プランS」と高速データ通信量が3GBの「スマモバ(Y) プランM」の2種類。料金はプランSが月額2,980円で、プランMは月額3,980円。一般的な格安SIMサービスと比較すると高く感じるかもしれませんが、回数無制限の10分間話し放題の通話プランがセットとなっています。通話をよくするかたには魅力的だといえるでしょう。

このプランを利用した場合、月額100円の「スマモバメール」を無料で利用できます。さらに8月末までの申し込みで、高速データ通信が2倍になるキャンペーンも実施中です。

なお、スマモバはデータ通信のみのサービスですが、ソフトバンク回線を利用したiPhone専用SIMと、iPad専用SIMも提供しています。通話はしないが、少しでも安くソフトバンクのSIMを利用したいというかたは、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。

※文中の料金はすべて税抜きです。

【関連記事】
トラブル多発のMVNOサービス 違いを理解するためのチェックポイントを公開

詳細を見る

関連キーワード