2017.5.10
行けなくなったイベントチケットを定価でやりとりできる「チケトレ」がプレオープン 運営はぴあが受託
2017.5.10

行けなくなったイベントチケットを定価でやりとりできる「チケトレ」がプレオープン 運営はぴあが受託

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る

コンサートや演劇などのチケットのインターネット上での高値での不正転売が、近年問題になっています。適正な価格でのチケットの流通を目指し、チケット販売のぴあは5月10日、行けなくなってしまったチケットの売買を仲介する公式チケットトレードリセール「チケトレ」の運営を受託したと発表。同日正午からサイトがプレオープンしました。

チケトレは、日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体が主催。チケットを購入したイベントが行けなくなってしまった場合、そのチケットの売買を仲介することで、会員同士が安全に取引できるサービスです。

 

チケットは、購入時の手数料などを除いた券面額で取引し、サイトを利用できるのは本人確認を利用した会員登録したユーザーのみ。代金のやりとりはすべてぴあが仲介し、取引手数料はスタートキャンペーンで出品手数料が0円。購入手数料がチケット金額の10%で、決済システム手数料は同3%、送金システム手数料が380円。購入者が支払った代金は公演の終了後まで同社が預かり、万が一、偽造チケットや出品者都合によるチケット未着や紛失、破損などで購入者が公演に入場できなかった場合は、チケット代金と手数料は全額返金されます。

 

取扱商品は、主催者やファンクラブ、チケットエージェンシーなど販売されたチケット、すでに発券済みで出品者が手元に持っている紙チケットなど。サービスの対応デバイスはパソコン、スマートフォンで、フィーチャーフォンでの利用は不可。サービスの正式オープンは6月1日正午の予定です。

 

公式チケットトレードリセール「チケトレ」

 

【関連記事】

#転売NO 「高額チケット転売」反対に 団体・アーティストが表明。チケット売買サイトの今後は?

 

詳細を見る

関連キーワード