2017.5.10
戦国時代の姿がよみがえる!?「AR大坂城」で武将たちと記念撮影
2017.5.10

戦国時代の姿がよみがえる!?「AR大坂城」で武将たちと記念撮影

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
2016年にNHKで放送された大河ドラマ「真田丸」。毎週楽しみにしていたかたも多かったでしょう。真田丸の後半の舞台となったのが豊臣秀吉によってつくられた大坂城。当時の大坂城は本丸が黒いうるし塗りで、見るものを圧倒していたと伝えられています。

「AR大坂城豊臣天守 戦国最後の戦い -大坂夏の陣-」は、豊臣時代の漆黒の天守をARで出現させるアプリ。現在の白い大阪城の隣に黒い大坂城がARで出現し、夢の2ショットを撮影することができます。

また、アプリには真田信繁、豊臣秀頼、徳川家康、伊達政宗も登場。彼らが大坂夏の陣に臨んだ際の心情を音声で楽しめたり、エピソードを紹介してくれたりします。さらに、現在の大阪城の特定スポットに行くと、4人の武将のARが出現し、一緒に記念撮影をすることも可能。

さらに、大阪城公園の「大阪城パークセンター」では、本アプリで利用することのできるマーカーカードを配布。このカードにスマホをかざすと、とてもリアルにつくられた当時の天守閣と真田信繁のARが手のひらにあらわれます。最後に城が炎上するしかけもあり、迫力満点です。

ほかにも大阪城本丸内のポイント解説など、コンテンツが満載。ご自宅でも楽しむことができます。ARであらわれる当時の様子から、戦国時代へと思いをはせてはいかがでしょうか。

・AR大坂城豊臣天守 戦国最後の戦い -大坂夏の陣-

  • App Storeダウンロード
  • Google playダウンロード
【関連記事】
ARはここまで身近に!現実世界を拡張する最新スマホ「ZenFone AR」とは


詳細を見る

関連キーワード