2017.5.15
小説投稿サイトのエブリスタ、初のコミックエッセイレーベル「コココミ」を創刊
2017.5.15

小説投稿サイトのエブリスタ、初のコミックエッセイレーベル「コココミ」を創刊

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
小説投稿サイト「エブリスタ」は5月15日、初のコミックエッセイレーベル「コココミ」を創刊。「そのひとだけの世界」をテーマに、フィクションとは違う日常の魅力のある世界観を提供するとのことです。

エブリスタは、一般ユーザーが自作の小説を投稿し、“作家”として活躍する場を提供するプラットフォームで、200万点以上の作品を配信。フジテレビ系列でドラマが放送中の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」や、シリーズの累計が700万部を越えた「王様ゲーム」など、書籍やコミック、実写映画などへとメディアミックスされる作品を生み出しています。

新レーベルのコココミは、ひとりひとりが日常の中で育んでいる、そのひとならではのものの見方や感覚をコミックの形に落とし込むことで、「事実は小説より奇なり」「平凡こそが非凡」の言葉を体現するような読み物を提供。創刊時のラインナップとして「ほとんど路上生活」(川路智代)、「こだまんが」(てにをは)、「猫のとらじの長い一日」(今川はとこ)、「岩崎う大のマイ デリケートゾーン」(岩崎う大)、「働かざる者たち」(サレンダー橋本)、「イボイボの世界」(はすまる)、「まめしばコ!」(一本木蛮)の7作品が掲載されています。

また、原作は早美静華、絵は青木ニカによる「離婚日和」や、原作はちぎれ雲、絵は高岡篠による「農ギャル(仮)」など、エブリスタに投稿されたエッセイを原作とする作品の制作も進行中とのこと。今後はコミックエッセイ化を前提としたエッセイ賞も開催予定だそうです。

コココミ

【関連記事】
エンタメの次の流行はウェブから 「小説投稿サイト」の現在と未来

詳細を見る

関連キーワード