2017.5.15
スマホやタブレットの入力をもっと快適に!タッチパッド搭載のBluetoothキーボード「TOUCH+」発売
2017.5.15

スマホやタブレットの入力をもっと快適に!タッチパッド搭載のBluetoothキーボード「TOUCH+」発売

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
便利なスマホをより快適に使いたい。そんな願いに応えてくれるのが周辺機器の数々。なかでもビジネスでも利用できるBluetoothキーボードは人気です。これを愛用している人たちにうってつけの製品が販売されました。スリーイーホールディングスのタッチパッド搭載 3つ折りBluetoothキーボード「3E TOUCH+(タッチプラス)」です。

3E TOUCH+は3つ折りのコンパクトサイズにして持ち運べるBluetoothキーボードで、重さは約204g。折りたたみ時には156.5×90×14.5mmと厚さは多少ありますが、スマホとほぼ同程度のサイズ感。使用時には278×90×12mmになります。

快適なタイピングできるようにキーピッチは16.5mmと広めにとられており、入力時に複数キーの同時押しを防ぐアイソレーション設計が施されています。キー配列は英語配列(65キー)ですが、パソコンのキーボードと同様に「Delete」「Backspace」の両方を搭載。普段使っているキーボードに近い感覚を保てることでしょう。

最大の特徴はキーボードの右側に搭載された56×47mmのタッチパッド。スマホ画面に指を置かなくても手元でポインター操作をすることができ、これまでの一般的なBluetoothキーボードよりも、スムーズかつスマートに入力できます。ただし、このタッチパッドはiOSには対応していないので、ご注意ください。
さらに、マルチペアリング機能を搭載しており、最大3台までBluetooth接続が可能。切り替えはボタンひとつで行えますので、同時に複数台を操作していても手軽に使い分けられます。約2時間の充電で約70時間連続使用することができ、連続待受日数は約90日。操作性だけだなくバッテリー持ちも良いので利便性も高そうです。

カラーバリエーションは黒と白の2種類。持ち運びに便利な保護ケースはスマホ・タブレットスタンドとしても使用することができます。

対応するOSはAndroid3.0以降、iOS 5.0以降、Windows7以降。メーカー希望価格は6,980円。PCを持ち歩くのは面倒だけれども、もっと気楽にもっと便利にスマホやタブレットでの文字入力を行いたいというかたに、おすすめしたい製品です。


詳細を見る

関連キーワード