2017.5.16
産学連携で開発!自分が歩けばねこが育つ 健康増進スマホゲーム「にゃん歩計」
2017.5.16

産学連携で開発!自分が歩けばねこが育つ 健康増進スマホゲーム「にゃん歩計」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
スクウェア・エニックス・グループの株式会社スマイルラボ、ヘルスケアベンチャーの株式会社ハビタスケア、東京大学大学院薬学系研究科 新井洋由教授および筑波大学医学医療系ニュートリゲノミクスリサーチグループ 矢作直也准教授は、科学的エビデンスに基づく「ヘルスケア機能」を共同開発し、データに基づくヘルスケアサービス検討を進めることになりました。

最初の取り組みとして、スマイルラボが開発・運営する、スマホアプリの歩数計付きのねこ育成ゲーム「にゃん歩計」にヘルスケア機能を導入します。

「にゃん歩計」は、歩数計付きの「ねこ育成ゲーム」。歩くだけで経験値とコインが増え、ねこが育ち、レベルアップでねこが仕草を覚えます。さらに、「チェックイン機能」も搭載されており、マップ上の「おやつ」を入手すると、ボーナスも発生します。

今回「にゃん歩計」ではアプリ内で健康促進キャンペーンを実施。対象期間中に8,000歩を達成した日が3日間を超えると、「にゃん歩計」で使用できる限定の背景アイテムが手に入ります。ウォーキングに関するヘルスケア情報も掲載されており、健康を身近に意識するようになることが期待されています。

スマイルラボは、「楽しく遊びながら健康増進するアプリ」を提供することで、健康で豊かな生活をサポートする「ライフログ×ゲーム技術」を戦略的に推進しています。産学連携によるハビタスケアとの共同開発および提供は、その試験的なサービスと位置づけられています。

今後も、糖尿病や脂質異常症、高血圧などの生活習慣病に関する新たなアプローチを推進。インターネットやゲーム技術などを活用し、楽しみながら健康増進を身近に意識できるヘルスケアサービスを共同開発していくとのことです。

・にゃん歩計

  • App Storeダウンロード
  • Google playダウンロード
【関連記事】
ネコがいなくなったらIoTで探知!?迷いネコを防止する「ねこもに」

詳細を見る

関連キーワード