2017.5.16
海外のかたにもわかりやすく ARの英語字幕サービスでハンズフリーに楽しめる「茂山千五郎家 江東狂言の会 薪狂言」
2017.5.16

海外のかたにもわかりやすく ARの英語字幕サービスでハンズフリーに楽しめる「茂山千五郎家 江東狂言の会 薪狂言」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
屋外に設置された特設会場で上演される狂言舞台「第18回 茂山千五郎家 江東狂言の会 薪狂言」が5月20日、江東区文化センターで開催。同公演では、外国人の観客向けに、エプソンのスマートグラス「MOVERIO(モベリオ)BT-300」を使用し、ARによる英語字幕サービスを提供します。

「第18回 茂山千五郎家 江東狂言の会」は、江東区文化センターの中庭に本格的な狂言舞台をつくって開催される開放的な狂言舞台で、今年で18回目の開催。公募による区民との共演もあり、江東区在住・在学・在勤の外国人30人を無料招待して日本の伝統芸能に親しんでもらうことも目的にしています。

モベリオは有機ELディスプレーで高コントラスト、高画質の映像を視聴することができ、軽量サイズと装着性の高さからハンズフリーで利用できるデバイス。劇場やスタジアムなどで活用するための音響通信ソリューション「Another Track」を使用し、暗号化したコードを埋め込んだ非可聴音を舞台の進行に合わせて送出することで、解説コンテンツを観劇者のデバイスの画面に表示させることができます。

劇中の日本語のセリフを英語に翻訳してモベリオに表示することで、言葉の壁を気にすることなく、より深く作品や演出を楽しめるとのことです。

【関連記事】
超歌舞伎の舞台裏もお見せします!今年も大盛況「ニコニコ超会議2017」

詳細を見る

関連キーワード