2017.5.18
あなたのスマートフォンでは「Jアラート」の通知が受けられますか?
2017.5.18

あなたのスマートフォンでは「Jアラート」の通知が受けられますか?

佐野正弘
佐野正弘
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
最近の国際情勢を背景に、注目が高まっている「Jアラート」。緊急地震速報と同じしくみを用いて携帯電話やスマートフォンにも直接通知されます。しかし、どのスマートフォンでも必ず通知を受信できるというわけではないようです。Jアラートを受信するためには、何が必要なのでしょうか。


■携帯電話にJアラートを配信する「ETWS」


ここ最近、北朝鮮が相次いでミサイル発射実験を実施するなど、国際情勢が緊迫感を増しています。その影響は少なからず日本にも及んでおり、有事に向けた備えが注目されているようです。

中でも注目されているのが「Jアラート」です。これは、日本政府が有事の際に国民に一斉通知する、全国瞬時警報システムのこと。もし北朝鮮が発射したミサイルが日本に到達する可能性がある場合、政府がJアラートによって国民に通知を実施するようになっています。

Jアラートは市町村の防災無線などが受信し、屋外のスピーカーやケーブルテレビ、コミュニティFMなどから警報が流れます。それに加えて携帯電話事業者を通じ、個人が所有している携帯電話にも直接配信されるしくみです。屋外のスピーカーによるアナウンスが聞き取れない場所にいても、携帯電話やスマートフォンを持っていれば、Jアラートを直接受信して避難行動をとることができるわけです。

Jアラートは極めて緊急性の高い情報であるため、携帯電話への通知には、通常のデータ通信とは異なるしくみを用います。「緊急地震速報」と同じ「ETWS」というしくみを用いて一斉に通知するのです。

ETWSは「Earthquake and Tsunami Warning System」の略で、現在主流の通信方式「LTE」の標準で定められている規格。緊急性を要する情報をスピーディーに、かつ基地局に負担をかけることなく一斉に配信するしくみで、文字通り地震や津波など緊急性の強い災害を通知するために用いられるものです。

携帯電話に緊急地震速報を配信するしくみは10年近く前から提供されています。以前は日本の大手キャリアがさまざまなしくみを活用し、独自に提供してきました。しかしながら、LTEの規格を定めるにあたり、日本の企業が中心となって専用のしくみであるETWSの導入が進められました。ETWSは自然災害が多い、日本の意見が反映されて導入されたしくみだといえます。


■注意すべきはSIMフリーのAndroidスマートフォン


最近問題になっているのが、Jアラートを受信できない端末が存在することです。これには、端末側のETWSの実装の仕方が、大きく影響しているようです。

Jアラートを受信できないのは、どのような端末なのでしょうか。

大手キャリアが提供している携帯電話やスマートフォンは、いずれもETWSに対応しており、Jアラートの受信もできるので心配の必要はありません。

iPhoneは東日本大震災の影響を受け、iOS5より緊急地震速報への対応が進められています。それゆえiPhone 4S以降(NTTドコモ、ドコモ系MVNOならiPhone 5s/5c以降)であれば、キャリア版、SIMフリー版を問わず、設定の「通知」にある「緊急速報」をオンにしておけば、Jアラートの受信が可能です。

一方、Androidを搭載したSIMフリースマートフォンは、Jアラートを受信できない可能性が高いようです。なぜなら多くは海外メーカー製であり、グローバルモデルを日本語化して提供しているものが多くを占めているのですが、ETWSの情報が表示されないものが存在するからです。

ETWSは自然災害が多い日本では非常に重要な存在です。けれども、ETWSをあまり重要視していない国も少なくありません。それゆえ端末にETWSが実装されていなかったり、日本の大手キャリアが提供する端末とは異なる実装がなされていたりするケースも多く、通知を受信しない、あるいは受信しても正しく表示されない場合があるのです。


■アプリでも受信できるが輻輳の影響に注意


現在、日本におけるSIMフリースマートフォンのETWSの実装を検証する機関などは存在していません。そのため、検証自体があまり行われていない状況にあります。それゆえ、どのSIMフリースマートフォンがJアラートを正しく通知できるのかについての正確な情報は存在しません。Jアラートを確実に受信したいなら、AndroidのSIMフリースマートフォンはベストな選択だとは言えないのが正直なところです。

AndroidのSIMフリースマートフォンは“格安”で注目されるMVNOのサービスとセットで販売されることが多く、利用者も増えています。それだけに購入する際は、いざという時の落とし穴があることに、あらかじめ注意しておく必要があるでしょう。

では、ETWSに対応していないスマートフォンで、Jアラートを受信するにはどうすればいいのでしょうか。もっとも手っ取り早い方法は、Jアラートを受信できるアプリをインストールしておくことです。アプリの代表例として挙げられるのが、ヤフーの「Yahoo!防災速報」です。このアプリを入れておけば、Jアラートだけでなく、地震や津波などの自然災害なども通知してくれるようになります。

とはいえ、アプリを使ってJアラートを受信する場合は、ETWSではなく通常の通信のしくみを使うことになります。そのため、有事の際は連絡を取るための通話や通信が殺到してネットワークに負荷がかかり、遅くなったり、使えなくなったりする「輻輳」を起こす可能性が高まり、アプリが機能しなくなるかもしれません。確実に情報を得たいなら、やはりアプリよりもJアラートを直接受信できる方法を選ぶべきでしょう。

有事や自然災害など、いざという時の安全を確保し、必要な情報を得る上でも、普段からスマートフォンの機能と活用方法を知っておくことがとても重要だということを、よく覚えておいていただきたいと思います。

【関連記事】
テクノロジーで世界を変える!サムライインキュベートが「地震対策ハッカソン」を開催

詳細を見る

関連キーワード