2017.5.17
いつでもどこでもスマホでスキルが証明できる 検定団体初、数学検定が「デジタル合格証」発行
2017.5.17

いつでもどこでもスマホでスキルが証明できる 検定団体初、数学検定が「デジタル合格証」発行

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
公益財団法人日本数学検定協会は5月17日から、「実用数学技能検定(数学検定)」のデジタル合格証の発行を開始。デジタル合格証を検定団体が発行するのは初のケースとのことです。

デジタル合格証は、紙ではなくデジタルで提示できる合格証で、学習履歴活用推進機構が開発。紙の証書と異なり携帯しやすく、紛失の心配もないため、外出先でもスマートフォンを使って自分のスキルや成果を手軽に説明・証明することができます。また、SNSとの連携機能も備わっており、自分が受けた講座のレビューの投稿や紹介などをすることが可能とのこと。

デジタル合格証の発行は、数学検定3級以上の合格者が対象。発行は学習履歴活用推進機構で、費用は無料。紙の合格証と合格証明書は、従来どおり日本数学検定協会が発行します。

数学検定は、数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、同協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システム。日本国内だけでなく、フィリピンやインドネシア、タイなどでも実施されています。

数学検定のデジタル合格証について

【関連記事】
デジタルドリル上に直接メモを書き込める!NTT-ATの高機能オンライン学習プラットフォーム「ノウン」

詳細を見る

関連キーワード