2017.5.18
オランダ生まれの次世代スマートバイクメーカー「VanMoof」日本初上陸!
2017.5.18

オランダ生まれの次世代スマートバイクメーカー「VanMoof」日本初上陸!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
自転車通勤をする人の増加にともない、車道に自転車専用レーンが導入されるなど、自転車を取り巻く環境に変化が起こりつつあります。そんな中、オランダ・アムステルダムにある自転車ブランド「VanMoof(バンムーフ)」から、東京をコンセプトにした自転車「Electrified X」が発表されました。

バンムーフは、世界中にファンを抱えるスマートバイクの先駆者。今回発表されたElectrified Xも次世代スマートバイクで、高低差の大きな東京の道に適した電動アシスト付モデルとなっています。

Electrified Xの電動アシストバッテリーは、1回の充電で最大120km走行することが可能。250Wの高性能モーターは、ブーストボタンを押すことでその真価を発揮、最大24km/hまで電動アシストしてくれます。スマホに専用アプリをインストールすれば、自分の自転車がどこにあるかをトラッキングしてくれ、定期的なアップデートも行われるので、使い続けるほどに賢く進化します。

キーレスエントリーにも対応しており、自転車本体にあるダッシュボードに手をかざすと、アプリを通じて搭乗者本人かどうかを認識。また、盗難にあった際には、盗難防止トラッキング機能が作動し、バンムーフのバイクハンターが盗難にあった自転車を探し出します。万が一にも見つからなかった場合は同じ製品を提供してくれます。

夜間走行では、自転車のメインフレーム先端部に埋め込まれたLEDライトが、明るく照らしてくれます。本体の各所にもLEDランプが埋め込まれ、街灯の少ない場所でも、歩行者や運転手に自分の位置を知らせることが可能。デザイン性をくずさずに安全性にも配慮したつくりです。

標準価格は 37万円ですが、500台限定で25万円になるプレオーダーキャンペーンも開催。キャンペーンは5月23日20時開始です。

バンムーフは、5月18日から8月4日まで原宿に期間限定のポップアップストアをオープン。「ほしいけど、高価だからすぐには決断できない」「実際に見てからでないと注文できない」というかたは、Electrified Xの乗り心地や使用感をためすチャンスです。気になったかたは立ち寄って、次世代のスマートバイクを体験してみてはいかがでしょうか。
詳細を見る

関連キーワード