2017.5.19
小さなロボットで子どもたちに楽しくプログラミング教育を 第8回教育ITソリューションEXPO
2017.5.19

小さなロボットで子どもたちに楽しくプログラミング教育を 第8回教育ITソリューションEXPO

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
学校・教育関係者向けの教育分野日本最大の専門展、教育ITソリューションEXPO(EDIX)が、5月17~19日の3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催されました。8回目となる今回は過去最高の800社が出展、来場者も多く、関心の高さをうかがわせました。

展示の中でもみらいの学びゾーン「学びNEXT」には、未来の学びに取り組むユニークな企業が集合、新しい学びを体感できるワークショップなどが各ブースで行われていました。

その中から、今回勢いのあったプログラミングとロボティクスの分野で注目の4社をピックアップし、ご紹介します。


■ミニ四駆気分で組み立てられるロボットキット


ナチュラルスタイルは、こどもパソコン「IchigoJam」で、継続的な学習ができるカリキュラムや教材を作成しています。IchigoJamでBASIC言語によるプログラミングを学び、ロボットを思いのままに制御するための基礎を学習します。IchigoJamのプログラムは10行くらいの簡単なプログラミング言語です。全国で開催しているワークショップの中には、プラモデルなどで有名なタミヤのロボットを使ったものも。

プログラミングを学ぶために、まず必要なロボットを自分で組み立てます。必要なパーツはキットにまとまっており、小学校3年生くらいから作成可能とのこと。
  
チップひとつで30度の移動が可能に。これをいくつか組み合わせて動かします。
 
本体にはタミヤのシンボルともいえるふたつの☆マークが。

こちらがロボットのキット。大人でもほしくなるような格好いい工具箱が魅力的です。ロボット教材をもっと気軽に学ぶことを目的に作られており、ミニ四駆のように作ることができて親子で楽しむことができます。


■遊び心を大切に「ソビーゴ」


かっこいいけれど硬い印象のブースが並ぶ中、かわいさが際立っていたのが株式会社 ワイズインテグレーションが運営するソビーゴのブース。「こどもブロック プログラミング」と「こどもロボット プログラミング」を展開していました。
 
こどもブロック プログラミングでは、ブロックとオリジナルアプリを使ったビジュアルプログラミングを学びます。ブロックはダイヤブロック製で、おなじみの表情が。ブロックを使ってコマンドを組み立て、キャラクターを動かします。ブロックにはやじるしなどの記号が書かれており、未就学のお子さまにもわかりやすいもの。動物の絵なども使われており、とてもなじみやすそうです。

こちらのキットは教育機関向けのもので、ひとりではなく、4人1組でつくることを想定してつくられています。他の人と話し合いをしながら進めることで、アクティブ・ラーニングの実践もできます。
 
こどもブロック プログラミングは、ダンボール製のロボットを組み立て、IchigoJamで動かします。ダンボールから切り取ったパーツとモーターや足を組み立て、ロボット・ソビーゴを作ります。本体にはペイントしたり、シールを貼ったりして自分だけのロボットがつくれるのが特長です。
 
こちらは個人でも購入でき、パッケージは16,800円。これからの季節に避けて通れない夏休みの自由研究にもよさそうです。


■スマホで操作できる ケニスのmBot


理科教材メーカー、ケニス株式会社は「プログラミング教育用教材」の新商品として「プログラミングロボット mBot<エムボット>」を展示。実際に操作もできました。
 
mBotは初心者でも簡単にプログラミング教材で、小学生から高校生まで幅広く学習に利用できます。プログラム制御によってロボットが走るだけではなく、LEDによる光や音などもコントロールが可能。
 
Bluetoothで接続されたスマホやタブレットにアプリをインストールすれば、簡単にコントロールできます。最近主流となりつつあるスクラッチ方式を取り入れています。
 
拡張センサやパーツも用意されており、動物のような4足歩行をしたり、レスキューロボットなどに組み立てたりすることもできます。お子さまの年齢が上がるにしたがって、複雑なものに挑戦できます。


■AIの応用も ブロックを組み立てるアーテックのロボット


教材メーカー、株式会社アーテックでは、ブロックを組み立ててプログラミングを学ぶ、ロボットプログラミング教材(学校向け)「アーテックロボ」のシリーズを展示。簡単に組み立てられるブロックでかわいいロボットが完成します。
 
ブロックで組み立てるため「つくって こわして また、つくる」ことが可能。小学校、中学校、高校の各段階にあわせ「基本」「実践」「応用」の製品が用意されています。
 
小学校(基本)ではLEDライトを光らせるなどのプログラミングを行い、中学校(実践)ではさらに進んで、ロボットにものをつかませたり、つかんだものを箱の中に入れさせたりします。高校生(応用)では東京大学で考えられたAIのシステムを使い、組み立てたロボットをブランコのように揺らし、1時間ほどかけて最適なこぎ方を学習させます。単純に見えるブロックとセンサの組み合わせで、ここまでできるのか、と驚嘆せずにはいられません。
 
アーテックの製品は株式会社 学研エデュケーショナルの「ものの仕組み研究室」教材としても使われています。ここで制作するテーマのひとつとして挙げられていた「トイレ(洗浄機能つき便座)」は、光を当てると蓋が開き、水が流れる様子をLEDの光で再現するなど、おもしろい工夫が随所に見られました。こうした身近なものを作ることで、子どもたちは自分たちの生活にあるものの動きを学び、将来に役立てていくのではないでしょうか。


電子黒板や電子教材など、これまで目覚ましく進化していたICT機器はいよいよ実践段階に移り、成長よりも普及に重点がシフトしたように感じられました。一方で、プログラミング教育の必修化やSTEM教育(科学・技術・工学・数学)の重視に影響された展示が多数見られました。

子供向けのプログラミング講座が各地で開催されるようになるなど、注目が高まっています。これからさらに成長する分野でしょう。今回の展示会では、さまざまに工夫された教材を知ることができました。来年は今年よりさらに出展社数が増えるとのこと。1年でどのくらい進化するのか、いまから楽しみに待ちたいと思います。

【関連記事】
初心者でも楽しい!オーディオの世界を体験できるイベント「OTOTEN」

詳細を見る

関連キーワード