2017.5.23
まるで近未来 チームラボがJR東日本エキナカのスマホ対応自動販売機「acure pass」を開発
2017.5.23

まるで近未来 チームラボがJR東日本エキナカのスマホ対応自動販売機「acure pass」を開発

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
クリエーター集団「チームラボ」が5月22日、JR東日本が駅構内で販売しているスマートフォン対応の自動販売機「イノベーション自販機」を開発したと発表。プロダクトデザインのプロデュースなどのほか、購入した商品を駅の自販機で受け取れる対応アプリ「acure pass(アキュアパス)」の企画や開発なども担当しています。

チームラボはプログラマーやエンジニア、グラフィックデザイナーなどデジタル分野のさまざまなスペシャリストから構成され、アートやサイエンス、テクノロジーの境界を超えた表現手段を用い国内外で活躍しています。
イノベーション自販機は、46インチの大型タッチディスプレーを2枚使用したデジタルサイネージとインターネットに接続。JR東日本の東京、新宿、渋谷、秋葉原、品川、池袋、大崎、上野、立川、千葉、横浜、大宮の各駅など約20カ所に順次設置。車椅子のユーザーや子供でも、低い位置でパッケージを見ながら商品を選べます。

アキュアパスは、ICカードを使って商品を購入できるだけでなく、クレジットカードやLINE Pay、ネット銀聯での決済にも対応。日本の硬貨を持ちあわせていない外国人旅行者でも手軽に自販機を利用できます。

商品の事前購入ができ、上記の駅のイノベージョン自販機に、アプリに表示されたQRコードをかざせば、ユーザーがアプリ内で保有している商品が自販機に浮かび上がります。その中からいま受け取りたい商品をタッチするだけで、受け取ることが可能。インターネット通販のように買い物ができ、商品の受け取りは自分の都合のいい時間と場所を選ぶことができます。

自販機内の商品の売り切れ情報はインターネット経由で常時管理されており、受け取りたい商品が自分の付近の自販機内にあるかの確認も、アキュアパス上でリアルタイムに確認可能。自販機の利用によるポイントの付与や、まとめ買い価格と定期購入価格の設定など、お得に商品を買える仕組みも導入しています。

また、利用者がアプリ上で持っている商品はSNSやメールを介して誰にでも自由にシェアすることができるとのことです。

【関連記事】
伊藤若冲生誕300年記念「若冲展」でチームラボのアート作品特別展示
詳細を見る

関連キーワード