2017.5.24
40代へも認知浸透 メルカリなどフリマアプリの利用実態は?
2017.5.24

40代へも認知浸透 メルカリなどフリマアプリの利用実態は?

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
手軽なお小遣い稼ぎや不用品の処分にと、フリマアプリが人気を集めています。調査会社のマクロミルは5月23日、どれくらいの利用者がいてどのように使っているかの調査結果を発表。利用者が最も高いのは10代の女性で、利用方法のシンプルさが受けていると公表しました。

出典:「話題のフリマアプリ、利用実態を調査!」
https://www.macromill.com/honote/20170523/report.html

調査は全国の15歳から69歳の15,000人を対象に、5月15~17日に実施。フリマアプリを「現在利用している」と回答したのは16%。「以前利用していたが、今は利用していない」「知っているが、利用したことはない」との回答とを合わせ、フリマアプリの存在を認知している回答者の割合は合計で66%でした。10代の男性では34.3%、同女性では42.4%がフリマプリを利用。男女とも40代以下ではどの世代も、上記の合計が「知らない」との回答を大きく上回り、アプリの存在の浸透や認知度の高さをうかがわせました。

フリマアプリを利用している1,000人に利用目的をたずねると「出品」が17%、「購入」が32%、「出品と購入の両方」が51%でした。出品、購入する理由はともに、最多は「出品/購入方法が簡単・シンプルだから」(出品78%、購入63%)。2位は、出品理由が「お金のやり取りを、購入者と直接しなくて良いから」の40%、購入理由が「欲しいものが見つけやすいから」の48%になりました。 

出典:「話題のフリマアプリ、利用実態を調査!」
https://www.macromill.com/honote/20170523/report.html

最近取りざたされているフリマアプリの不適切な出品商品について、実際に見かけたフリマアプリユーザーの意識も調査。問題だと思う出品物についての質問では、最多は確定申告シーズンに話題となった「領収証」の88%。次いで「現金」87%、「卒業アルバム」82%続きました。

出典:「話題のフリマアプリ、利用実態を調査!」
https://www.macromill.com/honote/20170523/report.html

フリマアプリのユーザーがどのアプリを利用しているかの質問では、もっとも利用者が多かったのは代表的アプリの「メルカリ」で94%で、2位の「ラクマ」の22.1%、3位の「フリル」(19.4%)以下を大きく引き離す結果となりました。

【関連記事】
フリマアプリをはじめよう メルカリの使い方や仕組みとは
人気急増のフリマアプリ 商品ジャンル特化も 本を10秒で出品可能な「ブクマ!」リリース

詳細を見る

関連キーワード