2017.5.24
2年を超えてもずっと割引き 新プラン「docomo with」が6月1日スタート
2017.5.24

2年を超えてもずっと割引き 新プラン「docomo with」が6月1日スタート

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
ドコモは5月24日に行われた「2017夏 新サービス・新商品発表会」において、対象となるスマホを購入したユーザー向けに、継続的な割引きを受けられる新料金プラン「docomo with」の提供を開始すると発表しました。

docomo withが従来の端末購入サポート「月々サポート」と大きく違う点は、「最長2年間」という期限が設けられていた割引きサービスではなく、2年目以降も3年目、4年目と継続して毎月1,500円の割引きを受けられること。ただし、docomo withを選択した場合は、月々サポートを受けられません。

今回、docomo withの対象となる端末は、6月1日発売の「arrow Be F-05J」と6月中旬発売の「Galaxy Feel SC-04J」の2機種です。

本体価格は、arrows Be F-05Jが28,000円程度、Galaxy Feel SC-04Jが36,000円程度。ともに分割による支払いも可能で、2年で計算した場合、arrows Beは、月々約1,200円、Galaxy Feel は月々約1,500円。この端末代金に加え、基本の通話プランとspモード、さらに選択したパケットパックを合算した金額が毎月の支払い金額です。

月々サポートがないと聞くと、高くなりそうなイメージを持ちますが、端末を24回の割賦払いにした場合、docomo withの割引きで端末代金はほぼ相殺されることになります。しかも、端末支払いが完了しても割引きは終了せず、引き続き1,500円が月々割引かれます。端末を割賦で購入していたかただと、3年目、4年目のほうが割安感を得ることができるでしょう。

ドコモの代表取締役社長 吉澤和弘氏は「docomo withの対応端末は今後も増やしていきたい」という意気込みを見せており、「サービス対象者の範囲拡大については慎重に検討していく」と話しました。また「2年の支払いを終え、SIMフリー端末に差し替えて利用しても(契約を継続していれば)割引きの対象となるのか」という質問に対し、「SIMフリー端末やドコモの中古端末でも利用することができる」と答えました。

docomo withは、arrow Be F-05Jが発売される6月1日よりサービスを開始します。スマホをひんぱんに買い替えることのないかたや、MVNOの格安SIMは気になるけど、やはりキャリアの安心感がほしいとお考えのかたは、このプランで長くお得に使ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
5Gの時代はすぐそこ!未来のコミュニケーションを体感 ドコモ2017夏 新サービス・新商品発表会

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード