2017.6.7
シニアに特化 タブレットサービスで初期設定代行や使用方法の相談などを提供
2017.6.7

シニアに特化 タブレットサービスで初期設定代行や使用方法の相談などを提供

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
情報の取得にはウェブへのアクセスが必須な現代、高齢者層にもスマートフォンなどデジタル端末の普及が拡大しています。

複雑な操作に戸惑わずに快適な情報生活を送るため、リノフトは6月16日から、業界で初となるシニア特化型のタブレットサービス「Linoftサービス」を全国で始めます。

同社は昨年10月から継続的に、数百人のシニアを対象に行ってきたタブレット体験会を実施。「操作が難しい」「困ったときに、すぐ聞けないと使うのが怖い」「設定が難しくて始められない」という意見が多く寄せられたそう。

Linoftサービスは、タブレット本体・通信環境・各種サポートのすべてを総合的に提供。1タップでなんでも聞ける相談サービスアプリを搭載し、大きくシンプルな使いやすい画面で、タブレットの初期設定代行の3つのサービスを包括しています。

相談サービスアプリは、タブレットで困ったときにすぐ聞ける機能。1タップするだけでLinoftの相談員に電話がつながり、操作などに関して分からないことを相談できます。画面共有機能とビデオ通話機能も搭載しているため、より質の高いサポートを受けられるとのこと。

通話終了後には、相談員の評価を登録することができ、評価と通話履歴を見返すことも可能。再度聞きたいことがあるときには、前回相談した相談員を選択することもできるため、よりスムーズな問題解決が期待できます。

タブレットの画面には、個々に選択された9つのアプリ、前述の相談アプリを大きなアイコンで用意するとともに、音声検索機能も設置。体験会での、タッチパネルを使ってキーボードを打つのが難しいとの意見を反映し、音声検索をホーム画面に常設することでより簡単に検索ができるようにしています。

また、タブレットの初期設定の代行サポートも提供。子どもなどからタブレットを贈られても設定が難しくて使っていないとの声があったからだそうで、届いた瞬間から使いたい機能が使えるように設定を行うとのこと。

その他に、家族や友人と簡単に繋がれるように、メールアドレスや通話アプリ「LINE」のQRコードなどを載せた「Linoftカード」の発行や、初期のアプリの使用方法などを画像を交えてわかりやすく説明したガイドブックも発行しています。

タブレット本体料金や初期設定費用は無料。サービス利用料金のほか、相談の際には別途通話料が必要です。7インチタブレットで月額2,980円から、10インチタブレットで同3,480円から。相談通話料は30秒ごとに20円。

現在は、初月無料キャンペーンを実施中です。

【関連記事】
九州電力が「みまもりサポート」を活用した高齢者見守りの社会実験を実施

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード