2017.6.13
悟空にマリオ、シンジになれる! 「VR ZONE SHINJUKU」が7月14日にオープン
2017.6.13

悟空にマリオ、シンジになれる! 「VR ZONE SHINJUKU」が7月14日にオープン

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
この夏のオープンが伝えられていた「VR ZONE SHINJUKU」のオープンが7月14日に決定し、運営するバンダイナムコエンターテインメントは6月13日、施設発表会を開催。6月16日より利用予約がスタートします。

仲間や家族と一緒に「さぁ、取り乱せ。」


同社は昨年、お台場で、最先端のVR技術と体感マシンを楽しめる「VR ZONE Project i Can」を提供。今年は会場を新宿に移動し、アクティビティーも1人で体験するものから仲間と一緒に楽しめるものが増えています。

かめはめ波が撃てる! マリオカートの世界に飛び込める! 義体・電脳化して光学迷彩でも戦える!!


VR ZONE SHINJUKUは、施設規模1,100坪の国内最大級のVRエンターテインメント施設。13のVRアクティビティーとプロジェクションマッピングを駆使した3つの非VRアトラクション、さらにオリジナルフードを提供するレストランが用意されています。
人気映画「エヴァンゲリオン」をモチーフにした初のVR「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」は、エントリープラグ内部のコックピット=魂の座を完全再現。襲来した第10使徒「ゼルエル」と、仲間と3機のエヴァで戦います。同社エグゼクティブプロデューサーの小山順一朗氏は「使徒の攻撃が激しくてパニックになってしまうかもしれない」と期待感をあおりました。



同じく新たに導入されるアクティビティー「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」は、アニメやマンガにでてくる「かめはめ波」を撃つシーンを再現。アトラクションの説明をおこなった同社マネージャーの田宮幸春氏は「(ドラゴンボール VRで)使用する機械はこれまでで一番やりすぎたもので、大地の揺れを感じとり、さらに気の流れも味わうことができるようになっています」と説明し、アニメで表現されていた、気を練り上げることで浮き上がる小石や、かめはめ波を撃ったあとに感じる風圧なども再現していると話しました。
小山氏も「かめはめ波を撃つと大地が削りとられたり、山を吹っ飛ばしたりすることができます。別途『VR仙豆』も販売していて、使用すると体力を回復させることもできます」と、VRを使ったさらなる遊びへの挑戦も明かしました。
「マリオカート アーケードグランプリVR」では、アーケードで提供している「マリオカート アーケードグランプリ」の迫力や興奮がさらに進化したもの。最大4人同時にプレイでき、本物のマリオカートに乗っているかのような体験をすることができます。



VR化にあたり、ゲームではアイテムボックスへの体当たりでゲットしていた各種おじゃまアイテムを、風船にとりつけるスタイルに変更。風船を手でつかむことでアイテム入手し、投げたり叩いたりして、相手の行動を邪魔します。


ゲームのマリオカートでは操作しているキャラクターの姿を斜めから見下ろしますが、VRでは一人称目線で、実際に自分がカートを運転する視点でプレイします。コースレイアウトは1種類ですが、マリオカートのさまざまなコースの要素が組み込まれているため、世界観を満喫できます。
パックンフラワーの大きさに驚いたり、ドッスンに当たらないようコース取りをしたり、「マリオカートってこんなにも怖かったのか!?」と意外な発見もありました。レースで使用できるキャラクターは「マリオ」「ルイージ」「ピーチ姫」「キノピオ」で4人同時に体験でき、使用キャラクターによるマシン性能差はありません。ほかに「クッパ大王」と「ワリオ」も登場します。


また8月からは「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」がスタート予定です。公安9課の草薙素子が招集した特殊部隊のルーキーとして、テロリスト集団の制圧に参加。最大4対4のチームバトルを体験することができます。
攻殻機動隊で義体や電脳とともに欠かせない、光学迷彩によるステルス戦が想定されており、「激しく撃ち合うのではなく、相手に気付かれないように近づき倒していく内容」(小山氏)とのこと。手に汗握る緊迫したゲームとなりそうです。

有名タイトルだけじゃない!バラエティー豊かなVRコンテンツ

有名タイトルのVRアクティビィティーだけでなく、VR ZONEならではのVRコンテンツも用意。「極限度胸試し ハネチャリ」では、足こぎグライダーの「ハネチャリ」に乗って、山肌ギリギリを滑空したり、岩を避けながら洞窟を進んだりと、大自然の雄大さを感じながら大空を飛ぶことを楽しめます。



専用体感マシンのペダル漕ぎ、ハンドルで舵を切るという動作は、開始直後ではなかなか難しいものでしたが、風をつかんで大空に舞う感覚はこれまでに味わったことのない爽快感。同時にかなりの高さを体感するので、高所恐怖症のひとの体験には注意が必要そうです。
ほかにもリアルなトラウト釣りが楽しめる「釣りVR GIJIESTA(ギジエスタ)」や、恐竜が闊歩するジャングルから脱出をはかる「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」といった新規VRアクティビティーに加え、お台場でも人気の高かった「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」や「ガンダムVR ダイバ強襲」「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」といったVRアトラクションも楽しめます。


入場料は大人800円、こども(13歳未満)500円ですが、オススメは4,400円の1day4チケットセットとのこと。このチケットでは、施設への入場はもちろん、RED、BLUE、YELLOW、GREENの4つに色分けされ各VRアトラクション群の中から、それぞれ1つ体験することができます。それ以上に体験したいという場合は、追加チケットも販売しています。
VR ZONE SHINJUKU


今後は、VR ZONEは新宿よりも規模を小さくしたVR ZONE PORTALを、国内外でも展開していくとのこと。まずは夏にロンドンでオープンさせ、国内では秋ごろに神戸でスタートする予定です。
営業は現時点では7月から2019年3月末まで。それまでに100万人の来場を目指し、VR ZONE SHINJUKUでは今後も大きな連休にあわせてコンテンツを入れ替えるそう。東京の新しい観光名所になりそうです。
【関連記事】
エヴァンゲリオン VR「THE 魂の座」が今夏登場! VRでもサービスサービス
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード