スマホ節約診断
アップルが「iOS 11」を発表 どこが変わる?なにができる?
2017.6.30

アップルが「iOS 11」を発表 どこが変わる?なにができる?

佐野正弘
佐野正弘
あなたにぴったりのSIMがわかる!今すぐ格安SIM乗り換え診断をやってみよう!
アップルは米国時間の6月5日に、開発者向けイベント「WWDC 2017」を開催。iPhoneやiPadに搭載されている「iOS」の新しいバージョンとなる「iOS 11」を発表しました。iOS 11は従来のiOSと比べ、どこが変わるのでしょうか。
 
最も大きく変わるのは、iPad向けの対応です。

アップルは最近、従来のiPadより高性能で、Apple PencilやSmart Keyboardなどを用いてビジネスにも活用できる「iPad Pro」シリーズに力を入れています。そうしたことからiOS 11では、iPadをよりビジネス用途に活用しやすくするための変更が、いくつか行われています。

中でも大きな変更点は、ファイル管理アプリが標準で用意されたり、画像やテキストのドラッグ・ドロップができたりするなど、パソコンに近い仕組みが備わったことです。

従来のiPadはさまざまな人に向けて使いやすいことを重視し、あえてファイルを見せないようにするなど、パソコンで一般的な仕組みを意図的に隠していました。それだけに今回の変更は、非常に大きなポイントになると言えるのではないでしょうか。

パソコンに近いiPad向けの追加機能としては、もうひとつ、よく使うアプリを登録して呼び出しやすくする、Macでおなじみの「Dock」も用意されています。Dockを用いれば、ひとつ目のアプリを立ち上げている最中に、もうひとつのアプリをDockから開き、Slide OverとSplit Viewで2つのアプリを同時に操作することが、より簡単になるようです。
 
Apple Pencilに関してもいくつかの機能向上が行われています。Apple Pencilでロック画面をタップするだけでメモができる「インスタントメモ」が用意されたほか、手書きのメモからテキストの配置を自動的に調整してくれる「インラインスケッチ」機能も追加されるなど、よりApple Pencilを活用しやすくなるようです。
 
では、iPhoneに向けてはどのような機能が拡張されているのでしょうか。

大きな機能の1つは「ARKit」です。これは、拡張現実(AR)に対応したアプリを開発しやすくするためのプラットフォームで、iPhoneやiPadに搭載されているカメラと各種センサーを用いて本格的なAR対応アプリを実現できるようになります。今後、ARKitが広まることで「ポケモンGO」のようなAR対応ゲームの表現も、よりリアルなものになるかもしれません。

もう1つ、大きな追加機能が、Apple Payによる個人間送金が可能になることです。

日本でも、昨年からSuicaなどによる決済ができるようになったApple Payですが、新たにiMessageなどを通じてユーザー同士でお金を送り合うことができるようになります。同様の機能はLINEの「LINE Pay」などに搭載されていますが、OSの標準機能として個人間送金が提供されることは、iPhoneが真の意味でおサイフとなる可能性を秘めていることを示します。非常に大きな意味があると言えるでしょう。ただしiOS 11の配信開始当初から利用できる国は米国などに限られ、日本でいつから利用できるのかについては未定のようです。
 
よりユーザーに近しい機能追加としては、Live Photosの機能拡張が挙げられます。

iOS 11では新たに、同じ動画を繰り返す「ループエフェクト」や、再生した動画をさらに逆再生する「バウンス」、そして時間と動きを捉えた「長時間露光」などの機能が追加され、表現力の高い撮影ができるようになっています。
また、アプリを配信するAppStoreもデザインが一新され、新たに毎日更新されるアプリ関連の特集記事を掲載する「Today」や、ゲームだけをピックアップする「ゲーム」タブなどを用意。従来以上にアプリに関する充実した情報が得られるようになるようです。

この他にも、Siriの機能も拡張されて36ヵ国語に対応し、英語をフランス語や中国語に翻訳する機能が追加されたほか(日本語は非対応)、Safariやメールなどさまざまなアプリでユーザーの使い方に基づいた提案をしてくれるようになります。

さらに、運転中であることを認識して通知を無音にする「おやすみモード」や、コントロールセンターがカスタマイズできるようになるなど、多くの機能追加・変更がなされているようです。


非常に豊富な機能が追加されているだけに、iOS 11がいつ提供されるのかは気になるところですが、やはり今年も秋頃の配信が予定されているようです。この時期には新しいiPhoneが発表されることが多いので、そうしたことも含めて、新しいiOSの登場には期待したいところです。

【関連記事】
iOS 10リリース、ロック画面での返信や動画+手書き文字などメッセージの強化に注目!

1分で簡単診断!
オススメプランがわかる!

関連キーワード

オススメのプランはこれ!
人気プランランキング

1

OCN モバイル ONE

音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

楽天モバイル

通話SIM 10GB/月
2,960 円(税別)
プラン詳細を見る
1

BIGLOBEモバイル

データ通信SMS付き3ギガプラン 3GB/月(タイプD)
1,020 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE 音声対応SIM 110MB/日
音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

LIBMO 3GBプラン(音声通話付きSIM)
3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEモバイル LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る


ご利用ガイド

営業日について

平日 10:00~17:00
※土日祝日、年末年始、夏季休暇はお休みをいただいております。

返品・交換について

・初期不良につきましては、保証書と商品発送時に同梱している納品書、送り状をご用意いただき商品到着後3日以内に商品ページに記載の連絡先までご連絡ください。メーカーの了承が得られた場合のみ代替品を送付いたします。
・一度お買い上げいただきました商品に関しましては、お客様都合による返品は応じかねます。

お支払いについて

クレジットカード・代金引換をご利用いただけます。
領収書の発行は不可となっております。

掲載料金プランについて

・本サイトで掲載している料金プランに関する情報は、各事業者がウェブサイト等に公開している2018年2月1日時点の情報を独自に収集したものです。
・閲覧されている時点でのプラン料金およびサービスを含む割引金額を保証するものではありません。
・掲載金額については、各種オプションやサービスは含まれていません。

配送について

●佐川急便 全国一律送料無料
※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
※お客様都合による再配達時には送料(830円)が発生する場合があります。

納期について

・注文受付後、原則、平日の正午までにいただいたご注文については翌営業日に発送いたします。
・土日祝日の発送はございませんのでご留意ください。
・商品によっては出荷まで時間がかかる場合があります。
詳細は各商品ページ記載。

掲載料金プランについて

お支払いについて

返品・交換について

配送について

納期について

格安スマホとは スマホ
ランキング FAQ
コラム キャンペーン