2014.2.19
SIMカード購入後の開通方法
2014.2.19

SIMカード購入後の開通方法

毎月のスマホ料金を抑えられるとして注目を集めているのが、MVNOが販売する格安SIMカードを購入するという方法です。とはいえ、まだまだ耳慣れない言葉であるため、なんだかハードルが高く感じてしまっているのではないでしょうか。ところが、実際のところはとても簡単。今回は格安SIMの開通と設定方法について紹介します。
SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

LTEが使えるのに格安!そんなSIMカードが各社から発売されていますが、ここではその中でもLTEが1,000円以下/月で使えてしまう、代表的な3つのSIMをGALAXY S4 SC-04E、Nexus7、iPhone5で試してみました。

※ただし、GALAXY S4 SC-04E、Nexus7はマイクロSIM、iPhone5はナノSMと、SIMのサイズが異なります。今回ナノSIMを用意できたのはOCNだけでしたので、予めご了承ください。

開通してみたSIMカード

商品名 MVNO 特徴
OCN モバイル ONE NTT コミュニケーションズ 980円/月で、毎日30MBまで受信時最大112.5MbpsのLTEが使える。それを超えると200kbpsの通信速度に。
mio高速モバイル/D IIJ 945円の「ミニマムスタートプラン」のSIM。通常は送受信200kbpsだが、クーポンをONにすると、開通翌月末まで、500MBの範囲まで受信時最大112.5MbpsのLTEが使える。
b-mobile スマートSIM 日本通信 980円/月、通信容量制限なしで使い放題の「月額定額980」のSIM。ただしLTE回線ではあるものの、常時150kbpsでの接続のみ。

SIMカード開通に必要なもの

SIMカード開通の流れ

SIMカード購入から開通まで、基本はこのような流れをふみます。

それでは、MVNO SIM別開通方法を紹介します。

パッケージを用意して、SIMカードを開通させよう!

まずはじめに行うのは、パッケージの購入と開通です。

● OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

パッケージを買ってくるか、販売サイトから購入します。購入後、改めてサイトから「利用申し込み」を行うことで、使えるようになります。この時、認証ID、パスワード、接続先が表示されますので、メモしておいてください。

● mio高速モバイル/D

mio高速モバイル/D

サイトから会員登録を行います。mioIDが発行されてからパッケージの購入となり、お手元にSIMが届いたらもう使える状態になっています。

● b-mobile スマートSIM

b-mobile スマートSIM

サイトで会員登録後、パッケージ購入もしくは、店頭でパッケージ購入後、会員登録し、開通のための電話を行って開通させます。

SIMを端末にセット!

SIMを端末にセット!

開通が完了したら、パッケージに入っているカードからSIMの部分を折り取って端末にセットします。いずれもdocomo用のSIMなので、docomoの端末なら問題なく使うことができますが、それ以外の場合はSIMフリーの端末でないといけません。

これで手続きは完了です。

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード