2015.2.10
SIMロック解除とSIMフリーの違いは?【一問一答】
2015.2.10

SIMロック解除とSIMフリーの違いは?【一問一答】

案外知っているようで知らないのが、「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違い。知っていて当たり前という人もいれば、「いまさら聞くのはちょっと恥ずかしいな……」と、それぞれいらっしゃることと思います。今回はこの違いと、それに関わりのある用語について確認していきましょう。
SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る

そもそも「SIMロック」とは、スマホやケータイなどSIMスロットを備えたモバイル端末が、特定のSIMカードだけ使える状態を指します。ですので、ドコモで購入したスマホはドコモが提供するSIM(MVNO含む)だけが使え、ソフトバンクやauなどのSIMは使えません。

SIMロックを解除すれば、端末が利用可能な通信方式と周波数を使用できるSIMを挿すことで、最初に使えていなかったキャリアのSIMでも通信が可能となります。ただし、このSIMロック解除に対応しているのは、ドコモから2011年4月以降に発売したSIMロック解除対応機種と、ソフトバンクの 一部スマホとなっています。SIMロック解除を行うとキャリア側で動作保証しませんが、故障修理対応は受け付けています。

一方、SIMロックフリーは、最初からSIMロックがされていないモノを指します。SIMロックフリースマホの主な入手先は製造メーカーの直販サイトや、大手電気量販店などで発売されています。昨年、iPhone 5s、iPhone 5cがAppleのオンラインストアで、Nexus 5、Nexus 7がGoogle playストアで、それぞれのSIMロックフリー版が発売されて大きな話題になったのは記憶に新しいことと思います。

また、時々混同されるのが、「白ロム」という存在。

「白ロム」というのは、電話番号登録がされていない状態の携帯電話を指します。現在では、電話番号などの情報はSIMカードに書かれているため、厳密にいうと「白ロム」という呼び方は間違いなのかもしれませんが、中古ケータイショップやネットオークションなど流通しているものは、この名称で呼ばれています。

キャリアから発売されていたスマホ・ケータイの「白ロム」の場合、必ずSIMロック解除がなされているものでもありません。中古端末購入前にSIMロック解除済みか否かはチェックしておいたほうが良いポイントかもしれませんね。

詳細を見る

関連キーワード