2016.11.2
はじめてのSIM -データ通信量節約術!-
2016.11.2

はじめてのSIM -データ通信量節約術!-

ごく普通のスマホユーザーの筆者がSIMフリーへ移行した顛末を詳しくレポート! 第4回目の今回は、少ない通信上限のSIMを賢く使う方法についてお伝えします。
SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

今回のテーマは、「格安プランを賢く使う!データ通信量節約術」です。
格安SIMの通信上限は通信会社やプランによって様々ですが、格安プランは通信上限も低めに設定されている場合が多いです。

ちなみに、現在使っているプリペイドSIMの通信上限は1GB。
ドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリア各社のパケットプランの通信上限からするとだいぶ少ない印象ですが、以下の2つのポイントに気をつけるだけで、1GBでも余裕で1ヶ月もたせられます。

 

 

1.Wi-Fiをはじめとするインターネット環境を積極的に使う

データ通信量節約はもちろん、通信をスムーズに行うためにもWi-Fiをはじめとするインターネット環境を積極的に利用しましょう。

 

Wi-Fi

街中にも、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの大手コンビニ、デニーズ、スターバックスコーヒー、イトーヨーカドーなど、その場で簡単な登録をするだけで無料Wi-Fiが使えるスポットが数多くあります。
自宅にWi-Fiをお持ちでない方も、友達との動画や写真の共有、Facebookへの写真のアップロードなど大きなデータのやりとりを、こうした無料Wi-Fiスポットで済ませるようにするとだいぶデータ通信量が節約できます。
ちょっとした買い物やお茶のついでに賢く利用しちゃいましょう!
※もし現在、自宅で有線LANをお使いでも、市販の無線LANルーターを購入・設定するだけで簡単にWi-Fiが飛ばせます。

初回接続のみパスワードの入力が必要ですが、次回からは設定画面の「Wi-Fi」をONにしておくだけで自動接続されるようになります。

 

2.YouTubeやアプリのダウンロードはできるだけWi-Fi環境で

YouTubeの視聴やSkypeのビデオ通話など動画を扱う通信、アプリのダウンロードは大量のデータ通信を行います。
「『50MBで1日にできること』- OCN モバイル ONE -」によると、10分の動画視聴で消費するデータ通信量は22.2MB(※動画の画質によって通信量は前後します)、40分のゲームアプリでは14.4MBとなっています。
ちょっと油断すると、あっという間に通信上限に達してしまいます。
「いざというときに使えない!」なんてことにならないためにも、Wi-Fi環境以外で大きなデータを扱う通信はしない方が無難。

 

SIMフリーデビューから20日、現在のデータ通信量は…

現在のデータ通信量

さて、格安SIMに切り替えてから20日が経過したわけですが、現時点でのデータ通信量は523MB。やっと通信上限1GBのほぼ半分まできました。
お盆の帰省中の実家で暇を持て余して使いまくったわりにはなかなかのスコア。
単純計算でもあと20日はもちそうですが、次回は現在のプリペイドプラン(OCN モバイル ONE プリペイド容量型 1.0GB)から月額課金プラン(OCN モバイル ONE 50MB/日)への切り替えに挑戦してみようと思います。

 

■連載 はじめてのSIM
第1回 はじめてのSIM -キャリアからの卒業-
第2回 はじめてのSIM -念願のSIMフリーデビュー!-
第3回 はじめてのSIM -データ専用SIMでも通話できた!-
第4回 はじめてのSIM -データ通信量節約術!-
第5回 はじめてのSIM -プリペイドプランから月額プランへ!-

nova3

関連キーワード