2016.10.21
格安SIMで楽しむSIMフリー Windowsタブレット<後編>
2016.10.21

格安SIMで楽しむSIMフリー Windowsタブレット<後編>

先日の前編に引き続き「艦これタブ」とも呼ばれるWindows 8.1搭載の8インチサイズタブレットと格安SIMを使ってどんな活用ができるのか? 今回は、その利用シーンを探っていきます!
SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

◆SIMフリーWindowsタブレットで「艦これ」を遊ぶ!

Windowsタブレット人気の理由のひとつが「FLASH対応」という点。最近人気のブラウザゲームをタッチ操作で楽しむことができ、しかも持ち運びもOK。と、ちょっとした時間にゲームをやる分には最適なようです。事実、プレーヤーの多いブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」を手軽にプレイしたい! という提督(プレーヤー)の心を捉え、小型で持ち運びに適した8インチサイズのWindowsタブレットを「艦これタブ」とまで呼ばれています。 艦これタブ

実際に艦これをプレイしてみましたが、Wi-Fi環境でパソコンのブラウザとほぼ同じ感覚で、なおかつタップで操作できるとあり、非常に快適です。遠征の張替、演習、出撃と、一連の提督業務も支障なく操作できました。砲撃シーンでのエフェクトはやや重いかな? とも思いましたが、ストレスを感じるほどではありません。艦これタブと呼ばれる理由もわかります。 艦これタブ

ただし、3G回線では起動時のデータ読み込み、編成でのキャラクターデータ読み込みに若干の「待ち」が発生することもありました。これは通信速度の仕様上、覚悟しなければなりません。ただし、プレイ自体は問題ないため実用範囲内といえるでしょう。

なによりわざわざスマホのテザリングを有効にしたり、モバイルルーターの電源を入れたりするといった事前準備が不要なのは大きな魅力です。これは本当の意味で「どこでも艦これ」の姿ではないでしょうか。バッテリーの持ちも良いため、ついつい遊びすぎてバケツが足りなくなる端末なのです!

◆Office付属でビジネスにも利用可能

Office(Home & Business)

本モデルではOffice(Home & Business)が付いてくるのもポイントです。Word、Excel、PowerPointといった定番ビジネスアプリをすぐに使いはじめることができるため、ビジネスシーンでも活躍してくれるに違いありません。 Bluetoothキーボード Bluetoothマウス

例えばBluetoothキーボード、Bluetoothマウスを接続すればコンパクトなビジネスPC環境が完成します。8インチの画面の小ささには慣れも必要ですが、Officeを使った書類作成やインターネットでの調べ物、メールのやりとりといった軽めの作業であれば、デスク上でも十分に活躍してくれるはず。この辺りの汎用性の高さはさすがWindowsというところでしょう。

USBホストケーブルを利用

なお、USBポートは充電と兼用のmicroUSBポートとなり、一般的なUSB機器は接続できませんが、USBのホストケーブルを利用することで、一般的なUSBサイズの機器の接続も可能です。しかしMicrosoftアカウントがあればインターネット上のストレージ「OneDrive」が利用できるので、Officeで作成した資料などはそちらへ保存するのが便利かもしれません。通信機能が内蔵された本機なら、外出先でもそれが可能です。

デスクではキーボードとマウスを接続して資料を作成。タブレットだけ持ってノマドワーク。ちょっとした息抜きや通勤途中はブラウザゲームで。……と、日常をすべてカバーしてくれるWindows 8タブレット「Venue 8 pro」。

ラインナップにはWi-Fiモデルもありますが、フットワークの軽さを求めるなら3G SIMフリーモデルを購入して格安SIMで運用していくのがベストかもしれませんね。3G SIMフリーモデルの価格は直販価格で4万9,980円(税込・配送料込み)。LTE未対応な点はやはり残念と言わざるを得ませんが、それでも「それ単体で通信ができる」というメリットは、日常の中にさらなる快適さをプラスしてくれるに違いありません。


格安SIMで楽しむWindowsタブレット<前編>

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード