スマホ節約診断
auとSoftBankユーザーはSIMロック解除をしたほうがよい?
2017.4.21

auとSoftBankユーザーはSIMロック解除をしたほうがよい?

総務省が作成し話題となった「SIMロック解除に関するガイドライン」。ドコモ、au、SoftBankが発売する端末のSIMロックルールが緩和され、SIMフリースマホと同じように海外旅行で現地SIMを挿して使えるなど、これまでよりも自由がきくようになりました。しかし、「手順がわからない」「メリットをあまり受けられない」などの理由から利用したことのないかたが、まだまだ多いと思います。
モバイルプリンス
モバイルプリンス
お買い得なお手ごろ価格!春を先取りセール セール期間 2月21日(水) AM10時 ~ 2月26日(月) AM10時

けれども、auやSoftBankのスマホを使っているのであれば、SIMロック解除は行なっておいたほうがよいといえます。その理由についてお伝えします。

■SIMロック解除でau・SoftBank端末の使いみちが広がる

SIMロック解除をすることで、多くの格安SIMが使えるようになります。格安SIMに乗り換えれば料金を安く抑えることが可能に。また、乗り換えなくても使い終わった古いスマホに別のSIMカードを入れれば、予備機として使うこともできます。

SIMロックを解除せずに使える格安SIM

docomoのスマホ auのスマホ SoftBankのスマホ
SIMロック解除をせずに使える格安SIM OCN モバイル ONE
IIJmio(D)
楽天モバイル
mineo(D)
LINEモバイル
FREETEL
BIGLOBE SIM
U-mobile
イオンモバイル
NifMo
レキオスモバイル
UQ mobile
mineo(A)
J:COM MOBILE
IIJmio(A)
※VoLTE対応機種は一部を除きSIMロック解除が必要
b-mobile S 開幕SIM

※カッコ内のDはドコモの回線プラン、Aはauの回線プラン。

 

docomoのスマホは、多くの格安SIMでそのまま利用が可能です。OCN、IIJmioなどの老舗格安SIMから、楽天モバイル、LINEモバイルなどなじみのある会社の格安SIM、さらには沖縄のレキオスモバイルのような地方型の格安SIMなど選択肢は多岐にわたります。そのため、SIMロック解除の必要性は他の2社と比べると少ないでしょう。

他方、auのスマホはUQ mobile、mineoなどで使うことができますが、VoLTEに対応したスマートフォンはSIMロック解除が必須。結果として2015年4月以降に発売されたスマホはSIMロック解除を行う必要があります。

 

auから発売されたiPhoneを例に挙げると、下記のような状況です。

5s/5c 6/6 Plus 6s/6s Plus SE 7/7 Plus
UQ mobile
mineoで使うためには
SIMロック解除不要
※UQ mobileは動作確認対象外
SIMロック解除不要 SIMロック解除必要 SIMロック解除必要 SIMロック解除必要

なお、SoftBankはもともと格安SIMに消極的ということもあり、対応している格安SIMが3月に提供を開始したb-mobileの「開幕SIM」のみというさびしい状況です。また、現時点で開幕SIMは音声通話に対応していないため、選択肢はかなり乏しいといえます。

このように、docomoとau・SoftBankでは、格安SIMへの対応の違いがはっきりと分かれていますが、auとSoftBankスマホでもSIMロックを解除することで、他の格安SIMを使うことができるようになります。

SIMロック解除後は次のようになります。

docomoのスマホ auのスマホ SoftBankのスマホ
SIMロック解除後 OCN モバイル ONE
IIJmio(D、A)
 楽天モバイル
mineo(D、A)

※カッコ内のDはドコモの回線プラン、Aはauの回線プラン。

以上から、auとSoftBankのスマホは、SIMロック解除を行なっていたほうがよいと考えられるのです。

 

■買取価格が少しだけ高くなる

SIMロック解除をしておくと、端末を売却する時に買い取り価格が高くなるというメリットもあります。

例えばスマホ買取を行っているCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループのイオシスは、SIMロック解除をしてあるiPhoneの買取査定額がアップすることをホームページに記載しています。また、じゃんぱらでは「少しだけ上がる」とのこと。さらにオークションサイトでも、出品時に「SIMロック解除済み」がアピールされているのを多く見かけました。

ゲオモバイルアキバ店では「SIMロック解除をしても変わらない」とのことでした。ゲオは中古スマホの業界団体「リユースモバイル・ジャパン」を立ち上げており、中古スマホの健全な流通を促しています。それらの影響で、今後は買取価格に影響が出るかもしれません。注目したいところです。

SIMロック解除は条件を満たせば無料で行うことができ、デメリットもないといえます。auとSoftBankユーザーのかたは、一度SIMロック解除をしてみてはいかがでしょうか。

ドコモ系のSIMを探す際はSIM通の「スマホ節約診断」を使うことで簡単にあなたにピッタリなプランがわかります。気になったかたは一度お試しください。

1分で簡単診断!
オススメプランがわかる!

関連キーワード

オススメのプランはこれ!
人気プランランキング

1

OCN モバイル ONE

音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

楽天モバイル

通話SIM 10GB/月
2,960 円(税別)
プラン詳細を見る
1

BIGLOBEモバイル

データ通信SMS付き3ギガプラン 3GB/月(タイプD)
1,020 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE 音声対応SIM 110MB/日
音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

LIBMO 3GBプラン(音声通話付きSIM)
3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEモバイル LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る


ご利用ガイド

営業日について

平日 10:00~17:00
※土日祝日、年末年始、夏季休暇はお休みをいただいております。

返品・交換について

・初期不良につきましては、保証書と商品発送時に同梱している納品書、送り状をご用意いただき商品到着後3日以内に商品ページに記載の連絡先までご連絡ください。メーカーの了承が得られた場合のみ代替品を送付いたします。
・一度お買い上げいただきました商品に関しましては、お客様都合による返品は応じかねます。

お支払いについて

クレジットカード・代金引換をご利用いただけます。
領収書の発行は不可となっております。

掲載料金プランについて

・本サイトで掲載している料金プランに関する情報は、各事業者がウェブサイト等に公開している2018年2月1日時点の情報を独自に収集したものです。
・閲覧されている時点でのプラン料金およびサービスを含む割引金額を保証するものではありません。
・掲載金額については、各種オプションやサービスは含まれていません。

配送について

●佐川急便 全国一律送料無料
※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
※お客様都合による再配達時には送料(830円)が発生する場合があります。

納期について

・注文受付後、原則、平日の正午までにいただいたご注文については翌営業日に発送いたします。
・土日祝日の発送はございませんのでご留意ください。
・商品によっては出荷まで時間がかかる場合があります。
詳細は各商品ページ記載。

掲載料金プランについて

お支払いについて

返品・交換について

配送について

納期について

格安スマホとは スマホ
ランキング FAQ
コラム キャンペーン