2017.3.27
コスパ抜群のgooのスマホ「g07」が3キャリア対応でバージョンアップ!「g07+(グーマルナナプラス)」登場
2017.3.27

コスパ抜群のgooのスマホ「g07」が3キャリア対応でバージョンアップ!「g07+(グーマルナナプラス)」登場

NTTレゾナントは3月27日、SIMフリースマホ「g07+(グーマルナナプラス)」の発売を開始しました。
ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

SIMフリースマホ「g07+(グーマルナナプラス)」の発売を開始

このg07+は、昨年12月に発売した「g07」のバージョンアップ版となるもの。低価格ながらゲームや動画、マルチタスクを充分に楽しめるMT6750T オクタコアCPUと3GB RAM、32GB ROMを搭載。

2枚のSIMを同時に利用できる「デュアルSIM デュアルスタンバイ」(DSDS)や指紋認証といったミッドレンジクラスの特長を備えるなど、コスパ重視のコンセプトはそのまま、さらにユーザーの声に基づいて複数の改良を行ったとのこと。

左:g07、右:g07+

左:g07、右:g07+

まず画面について、サイズ5.5インチ、解像度1920x1080のフルHDに加えて、今回よりシャープの開発したIGZO液晶パネルを採用。これにより消費電力を抑えつつ、明るく高精細な映像を表現します。

左:g07、右:g07+ 

左:g07、右:g07+

続いてカメラには、SONY製イメージセンサを搭載した1300万画素のアウトカメラに赤外線をカットするIRカットフィルターを追加したことで、目で見たとおりの自然な色彩に仕上がるようになりました。

加えて、タッチパネルの精度を高めることで滑らかな操作を実現したほか、検索アプリ「goo アンサーチ」とカード状のメモ保存ツール「goo メモ」の連携を強化するなどUIについても改善。地図アプリや位置情報を用いたゲームやサービスに役立つ、精度を高めた電子コンパスも搭載しています。

auのCDMA2000に対応

ほかにもSIMフリースマホとしては、使えるキャリアのネットワークも気になるところ。g07+ではドコモ、ソフトバンクの主要バンドに加えて、なんと昨今ではめずらしくauのCDMA2000に対応。そのため、g07より受け継いだDSDSについても、ドコモ、ソフトバンク、au(3G)の3キャリア全てで音声+データ通信の組み合わせが可能となりました。

デザイン面においても、アルミニウムと強化ガラスからなるボディはそのまま、外観の加工跡を目立たなくすることでさらなる高級感を醸し出しています。

こうしたバージョンアップを施しつつ、「g07+」の価格は従来と同じ19,800円(税抜)に据え置いたまま。さらにgooSimseller本店にて、3月27日より4月20日まで実質2,000円引きの17,800円(税抜)となる「g07+新発売キャンペーン」を実施します。

g07+端末スペック

OS

Android 6.0 marshmallow (Android7.0 アップデート対応保証)

CPU MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4,  1.0GHz ×4 
ROM/RAM 32GB / 3GB
外部メモリ micro SD/SDHC/SDXC /最大128GB 
サイズ 約152×75.6×7.9 (mm)
重量 約150g 
ディスプレイ

5.5インチ, Full HD IPS液晶, 1920×1080,
Dragontrail®強化ガラス

カメラ アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量 3,000mAh 
ネットワーク

LTE: B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
W-CDMA:B1(2100) / B6(800) / B8(900)
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

CDMA2000:BC0(800) / BC6(2000)

SIMサイズ micro SIM + nano SIM (DSDS対応)
Wi-Fi  IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz / 5Ghz)
Bluetooth Bluetooth 4.1
カラーバリエーション ホワイトパネル、ブラックパネル
その他

・指紋認証
・USB Type-C OTG (USB 2.0) 
・急速充電対応

nova3

関連キーワード