2017.12.4
g07パワーアップ再び! さらに機能向上した「g07++」販売開始
2017.12.4

g07パワーアップ再び! さらに機能向上した「g07++」販売開始

1つの端末で2つの回線が持つことのできるデュアルSIM デュアルスタンバイ(DSDS)機能を搭載した「g07」は、2016年12月に発売しました。それから約3か月後の2017年3月には、auの3G回線(CDMA2000)に対応したSIMも利用できる「g07+」をリリース。そして初代の販売から約1年経ち、g07+で追加された機能はそのままに、メモリ、カメラ、ディスプレイの性能がアップした「g07++」の販売を2017年12月より開始しました。
SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール

本体サイズや重量、バッテリー容量、CPUに利用可能な通信バンドといった基本的な性能はg07+と同じですが、ROM/RAMが32GB/3GBから64GB/4GB。カメラ画素数はアウトカメラが1,300万画素から1,600万画素、インカメラは800万画素から1,300万画素となり、さらにディスプレイもより質の高いものになり、全体的な使い勝手が向上しています。

このg07++では光沢があるシャイニングブルーと、高級感あるマットブラックの2色が追加。g07+と同じくアルミ加工ボディとなっており、このクールな色合いとの相性も抜群となっています。飽きのこないシンプルデザインはシーンを選ば使用することができます。

 

カメラは画素数が向上したことで、従来製品よりも目で見た風景に近い色合いに近づきました。また同じくパワーアップした、撮影した写真をよりクリアに映し出してくれます。

 

フロントカメラの画素数も1,300万と大幅に向上し、さらに標準装備となっているLEDフラッシュにより暗所での撮影も可能。屋内外問わず、家族や友人たちの楽しい一瞬をセルフィーで残せるようになりました。

またROM容量が64GBになったことで、SIMポートの1つをmicroSD用に利用する必要も低くなり、さらに4GBにアップしたRAM容量であれば、複数アプリを起ち上げてもこれまでよりサクサクと動作してくれることでしょう。マイナーチェンジと映るかもしれませんが、必要な部分の性能が底上げされてることで使いやすさは大きく向上しています。サブ機としての利用はもちろんですが、これからスマホを持ちたいと考える人が選択するのに最適な端末の1つではないでしょうか。

 

 

夏休みファイナルセール

関連キーワード